大分 インバウンド セミナー

月曜日から大分行ってきました!
小林 史幸(FumiyukiKobayashi) さんが作ってくれた最高の舞台で、 最高に楽しく話をしてきました。

 

Super Duper」(東京都)の鈴木知行社長とご一緒させて頂き。

インバウンドについてお話させて頂きました。

大分県は観光資源があることにプラスして

立命館アジア太平洋大学(APU)

という強力なアシストになりうる多くの外国人留学生が存在します。

直近も訪日の観光客は増えています。
2017年に大分県内の旅館やホテルに宿泊した訪日外国人は

過去最多の131万7,330人(前年比59・3%増)

これは3年連続の増加で、2017年の増加率は青森県に次いで全国2番目に高いです。

韓国人客が同65.8%増(63万7,080人)と伸びたのが大きな要因との事。

由布院は韓国語の表記も多く
街なかにも、韓国人の訪日観光客を多く見かけました。
これらの数字は直近の観光庁がまとめた宿泊旅行統計調査(速報値)に基づき、県が発表内容に基づいてます。

国・地域別の人数と増加率は、韓国に続いて台湾が11万8,160人(同22.8%増)、
香港が8万1,420人(同43.8%増)、
中国が8万450人(同16.2%増)と伸びた
タイは2万690人で同13.1%減であった。
欧米系では、
北米が1万940人(同21.4%増)、
オーストラリアやドイツなど
欧州・大洋州が1万290人(同43.5%増)といずれも伸びております。

 

メモ
  • ちなみに韓国人の観光客が増えた要因としては
    韓国と大分を結ぶ韓国の格安航空会社(LCC)の定期便が毎日運航に増便されたことが大きな要因になっています。

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会の開催

来年のラグビーワールドカップ(W杯)日本大会の開催を控え、欧米などさらなる訪日外国人客の増加も期待される。
そんな中にこれから
大分にどう観光客を受け入れていくのか!!!

現状の分析
課題を分析し
よりくよくするためのお役にたてるようにと思い資料を作成しました。

 

はじめてセミナー中に
プロジェクターに資料が映らなくなるwwww

ハプニンもありましたが。
伝えたい大事な事はお話させて頂きました。

Super Duper」(東京都)の鈴木社長のお話を聞かせて頂き

それもまた大変勉強になりました。

またプロダクトがあるってやっぱりいいなーと思ったりもしました。

 

 

セミナーについて大分合同新聞でも記事にして頂きました。

URL:https://www.oita-press.co.jp/1010000000/2018/07/05/JD0057073642

 

セミナーの後の懇親会で
今回も美味しいものをたくさん食べながら
大分の方たちとたくさん語らせて頂きました。

コンテンツは揃っているので
このご縁をどうカタチにしていくのか。

スピード感持って
考えてみたいと思います。

お問い合わせ

飲食店のWeb集客のことでお困りでしたらお気軽にご相談ください。