ぐるなびの決算からみるグルメ媒体の未来

ぐるなびが2018年5月9日に決算を発表しました。
その内容は大幅な減益という内容でした。
今期経常は73%減益、31円減配
2018年3月期の連結経常利益は前の期比29.4%減の48億円になり、19年3月期も前期比73.0%減の13億円に大きく落ち込む見通しとなった。
同時に、今期の年間配当は前期比31円減の13円に大幅減配する方針とし。
直近3ヵ月の実績である1-3月期(4Q)の連結経常利益は前年同期比53.9%減の8億円に大きく落ち込み、売上営業利益率は前年同期の17.6%→8.3%に急低下した。

株価はストップ安
加盟飲食店の契約減額、新事業・サービスの構築などコスト負担増が響く。年間配当も前期の44円から13円に引き下げる計画。高利回りが魅力だったこともあって、ネガティブな反応につながっている。

ぐるなびの株価はこちら

 

ぐるなびの決算とグルメ媒体の未来の関連性

 

ぐるなびの決算とグルメ媒体の未来の関連性について
一見、なにもないように見えますが、ぐるなびのWebサイトのIRページを見てみましょう

 

2018年3月期 決算説明会資料 9頁、13頁を見ますと

Google マイビジネスに関しての記載があります。
これは、ぐるなびさんもGoogle マイビジネスの支援をしているという内容も動画から伺えます。

Google マイビジネスに関して
PC、スマホの割合は出ておりませんが
想定すると、ぐるなびさんから
かなりのスマホユーザーがGoogle マイビジネスに流れてしまっているのが予想されます。

Google マイビジネスに関して
詳しく知りたい方は、お問合せ下さい。

問合せ

決算の資料にはマーケティング支援の強化という内容もありますが
マーケティング支援の強化というのは、過去のぐるなびさんの傾向からみると

新しい商材を飲食店さんに提案が行くことが想定されます。
その際に、今まで以上に
飲食店さんは、マーケティングに関する知識がないと、提案の判断がつかず
無駄な経費をかけてしまう可能性があります。

業務代行による販促効果の最大化・新たな収益源の創出

という文言もありますが
飲食店さん側で訳すと
飲食店さんから違う領域で、お金をとれる提案をするという意味になります。

ここででも、販促の知識、マーケティングの知識を深めないと
飲食店さんは無駄な経費をかけてしまう可能性があります。

この事からも
飲食店さんにとって、マーケティングに関して見識を深める事が
いかに重要かわかると思います。

 

Google で止まってしまい当社サイトへアクセスしないという状況が出てきている。

飲食店さんにとっては集客に関する内容はかなり興味あると思いますが

2018年3月期 決算説明会 質疑応答記録の中の回答に

「Google で止まってしまい当社サイトへアクセスしないという状況が出てきている。」というかなり重要な発言がありました。

2018年3月期 決算説明会 質疑応答記録 こちらの中の

「2018 年 3 月期 決算説明会」主な質疑応答の一部内容を抜粋

質問
今日の説明を受けて「ぐるなび」の送客力が低下したという印象を受けたが、その要因は何か?

 

ぐるなび
SNS などの新しい情報取得手段や販促手段が次々と出てきていること。また Google の影響が大きいと考えている。もともと当社サイトは Google 経由の流入が多かった。Google マイビジネスのサービスが拡充するにつれて、ユーザーの動きが Google で止まってしまい当社サイトへアクセスしないという状況が出てきている。
質問
送客力の低下について、ネット予約が一つの原因ではないかと考えている。ネット予約可能なお店や、ユーザーにとって利便性の高い即予約可能なお店の数が他社のサイトと比較し少ないようだ。また Google マイビジネスから直接予約する人が増えている。ネット予約に対する御社のスタンスと今後の取り組みを教えて欲しい。

 

ぐるなび
ネット予約可能店舗、即予約可能店舗、予約可能なコースの数を増やしていくことを重要な目標として設定している。これらの数は足元でも増加しており、今後も引き続き数を伸ばしていく。加えて外部サイトとの API 連携により、幅広いユーザーへのリーチに取り組んでいく。
質問
前期の期初から飲食店経営者との接点を増やす取り組みを進めてきたにもかかわらず、この 4Q で減額や解約がさらに悪化しているのはなぜか。減額・解約の要因が別にあるのでは?

 

ぐるなび
業務支援サービスの提案を皮切りとし、前期より飲食店経営者と話す機会が徐々に広がり始めているところ。
定期的に経営者の方々と話ができるよう、引き続き努力を続けていく。

 

こような質疑応答がありました。

新たな集客策は、他の媒体の連携がメインという事で

抜本的な策が打ち出せてないないのが分かります。

また、減額や解約が増えている事も伺えます。

 

決算の説明会の資料・動画から

営業というスタイルから、ぐるなびという媒体に関しては

提案型のコンサルテーションを強みにするという事が伺えます。

興味のある方はぐるなびのWebサイトから決算説明会動画が閲覧できます。

2018年3月期 決算説明会 決算説明会動画

 

ぐるなび依存の飲食店さんってこれから大変かも!?

 

飲食店の新規集客のメインをぐるなび依存している
飲食店さんはかなり減っているとは思いますが
ぐるなび依存の飲食店さんってこれから大変かも!?

新規集客を媒体に依存していた飲食店さんは
マーケティングの知識を・・・と思ったのではないでしょうか!

グルメ媒体にお金を払いたくない
ぐるなびにお金を払いたくない

飲食店さんからはそんな声をよく聞きます。

本当に、グルメ媒体に依存しない、依存できない時代が
すくそこまで来ているかもしれません。

新規の集客を、飲食店さんがグルメ媒体に頼れなくなったら

その時、飲食店さんの新規集客はどうしますか。

ぐるなびの決算からグルメ媒体の未来が少し見えてきたのではないでしょうか。

 

 

お問い合わせ

飲食店のWeb集客のことでお困りでしたらお気軽にご相談ください。